新型インフルエンザに関する留意事項について

新型インフルエンザに関する留意事項について
 
 残暑きびしい日が続きますが、朝夕は心なしかしのぎやすくなってきたように思われます。
 さて、保護者の皆様もご存知のとおり、県内では新型インフルエンザ流行警報が発令されており、今後ますます感染が拡大することが心配されています。
 県新型インフルエンザ対策本部の報告によりますと、症状としては発熱、咳、鼻水などがあり、主な感染場所として学校(保育園)とあることから、本園としましても、園児に手洗いやうがいなど徹底するように指導してまいりますので、保護者の皆様にも下記のことにご理解ご協力をいただき、一人ひとりが感染拡大を止める気持ちで、今後の流行期を乗り越えましょう。
 
                                   記
予防
1.これまで以上に手洗い、うがいを徹底する。
2.十分な換気。
3.くしゃみ、咳エチケットの厳守(必要に応じて、マスク着用)。
4.食事をしっかりとり栄養をつけ、十分な睡眠をとる。
5.不要不急の外出を避ける。
6.幼稚園外での活動場所(習い事など)で新型インフルエンザの発症がある場合には、これを控える。
7.      発熱や咳、くしゃみ、鼻水などインフルエンザのような症状がある場合は、登園せず家庭にて療養する。
*喘息、糖尿病、慢性肺疾患、慢性心疾患そのほかの基礎疾患などのある園児、ご家族の方は十分な感染予防が必要となります。ご注意ください。
対応
(1) 出席停止・・・本人或いはご家族の方(同居人含む)がインフルエンザと診断された場合、発症した翌日から起算して8日間は出席停止とする。(現時点では、インフルエンザと診断された場合、新型インフルエンザに罹患している状態とみなす)
(2) 学級閉鎖・・・同一クラス内に、インフルエンザと診断された園児が1週間以内に約1割を超えて発症した場合、1週間の学級閉鎖とする。
(3)学年閉鎖・・・同一学年に複数の学級閉鎖が発生した場合、1週間の学年閉鎖とする。
(4)休園・・・・・幼稚園内に複数の学年閉鎖が発生した場合、1週間の休園とする。
(5)教職員・・・・教職員の場合も上記?に準じて1週間の出勤停止とする。
     医療機関を受診される場合は、必ずマスクを着用し、かかりつけ医に見てもらいましょう。
     インフルエンザと診断された場合は(休園中であっても)、必ず幼稚園にご連絡ください
(夜間・日曜祝祭日の場合090−1949−5717)
     従来インフルエンザに感染した場合、完治後、治癒証明書を提出していただいておりましたが、現状を鑑み当面の間、治癒証明書の提出は必要ありません。但し、対応?『8日間』を厳守し、登園させてください。
     HPや配信メールにてお知らせする場合もありますので随時ご覧ください。

今日の献立

カレンダー
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

2019年07月

サイト内検索

アクセスマップ

アクセス